ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

長門の奈良登り、銀を掘る坑道で兄が死に、仲間の黒虫も死んだ。国人の話を聞いて景信は
「誰にでも死はやってくる。人は皆その日に向かって、日々近づいている。お前もわしも。」
棹銅作りから都へ上がり大仏様を作っている仕事に加わることになり、奈良登りから15人出発した。天平19年のことである。
奈良登りで5年、都で5年。
東大寺の五丈六尺の大仏開眼を見届け、帰路に着く。15人出発した仲間で無事に帰りついたのは国人一人だった。師の景信も亡くなっていた。

箒木さんは「白い夏の墓標」で注目を浴び「三度の海峡」で吉川英治文学賞。「閉鎖病棟」で山本周五郎賞を受賞。そのヒューマンな筆致は読者をとらえて離さない。
山崎豊子さんと共に私の大好きな作家です。d0126575_11375182.jpg
[PR]
by huutyann1 | 2007-12-09 11:39 | Comments(0)