ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


 インターネット上の仮想の墓が話題を呼んだ。
 PC画面に墓地が出てきて画面の中に、花や線香を上げる。
 この電脳墓には個人がHPを開いて家の墓や個人墓を作っているケースと寺院や民間会社が
 霊園を開設しているケースがある。
 電脳墓の一番のうたい文句は「家にいながら何処からでもお墓参りが出来る」です。
 
 散骨については日本では遺体を焼いたあとの骨は、形状が残っているので灰状にするには
 たたき砕かなくてはならないが、外国では骨を砕く機械を置いているところもあるそうです。
 
 遺言ノート
   ①死に際して伝えておきたいことと、病名・死期の告知・延命治療について。
   ②お葬式、お墓に関すること。
   ③愛しい者へのメッセージ。
   他にお知らせする名簿・流す音楽テープ・死装束・写真選びなど。
 
岩手県一関市には樹木葬があります。
 遺骨を散骨のように細かくせず土中に埋めその上に樹を植える方法です。
 91年、散骨が認められている。

 核家族化し、お墓の継承者もいない場合が多く、お葬式の形態も変化してきている。
[PR]
by huutyann1 | 2009-12-12 09:26 | Comments(0)