ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


 明治天皇即位の年に生まれた漱石はほとんどその生涯を明治とともにした。
 この年代の人がいかに明治天皇を崇拝していたかは、今の人には理解できない。
 天皇が死の床につかれた時、二重橋の前は勿論全国の神社は天皇の回復を祈る
 祈願一色であった。
 祈願の為幾日も寝ず、崩御の知らせを聞けば、平生食膳に欠かしたことのない
 魚を100日絶った人もいた。
  
 この時代に生きた先生は、学生のころ嫉妬から親友を裏切り、彼が思いを寄せていた
 女性を奪った。親友は頚動脈を切って自殺。
 先生は以来罪悪感の一生を送り、それから逃れる為自身もついに自殺する。
 先生のこころは罪悪感にのみ生きた。
[PR]
by huutyann1 | 2010-01-08 15:51 | Comments(0)