ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


 佐野さんのエッセイは豪快で言葉も男っぽいがとても面白い。
 
 面白いエッセイのひとつ。
   息子の友達が遊びに来て、「あそこの畑に今、スイカがゴロゴロしている。取りに行くか?」と言うのです。
   私の胸は急に高鳴りましたが、自分が畑に入り自分で盗むのは嫌でした。
   畑に着くと「私はここで番をしている。」と言った。
   息子の友達はポリ袋に巨大なスイカを入れ畑から上がってきた。
   「これが一番デカかった。」と聞いた途端、私は世にも愉快な気分になる。
   カッカッと笑い、笑うつもりはないのだが嬉しい気分を抑えられないのです。
   カッカッカッ。そして全速力で走り出しました。
   別に走り出さなくても、スーパーで買ってきたような顔をして居ればよいのに、逃げ走ると言うことを
   止めることが出来ない。
   若い男も私と一緒に走るのです。その一瞬が、生涯一度も経験したことがないピッタリ息があった
   行為で殆ど陶酔と言うものでした。
   その時これは悪事であるから息が合うのであって、善行をなしてもこのようなスリルと達成感と
   充実感はないのではないか。悪事はナンと言う快楽でしょう。
   この若い男と永続的に緊密な関係を保つには、毎日泥棒をするより仕方ないと良くわかりましたが
   その男は私と泥棒会社を設立する気はないらしく、もう殆ど家に現れなくなって久しい。
[PR]
by huutyann1 | 2010-02-21 09:54 | Comments(0)