ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

のりのきいた、きれいなシーツ食べ物も栄養を考え、食べやすさを考え介護士は皆優しい。
母、シズコさんは認知症が次第にひどくなり、世話をしきれなくなったので兄弟姉妹で考え施設に入ったのである。
入所は10年前である。

私はシズコさんに優しくなかった。別にいじめたりする訳ではなくただ、情がわかなかった。
自分でもどうしようもなかった。
母を好きになれないという自責の念から解放されることはなかった。
私はバアさんに好かれる人だった。自責の念の裏返しだったのかもしれない。
私は自分と母の関係は異常なものだと思っていたが、40も過ぎて自分の母が嫌いな人がたくさんいるのを知って驚いた。
ある友人は時々首を絞めたくなるといった。

家を買うとき母に頭金を借りた。
母は何も言わず出してくれたが銀行と同じ利子をとった。私は親をありがたいと思い、また親が利子を取るのかアとも
腹の底で感じた。その母さんも呆けた。「ごめんなさい。ありがとう。」を連発するようになった。
私は殆ど50年以上の年月、私を苦しめていた自責の念から解放された。
生きていてよかった。
こんな日が来るとは思わなかった。
母が呆けてくれたおかげである。
私も死ぬ。
生まれてこない子はいるが、死なない人はいない。
静かで懐かしいそちら側に私も行くから。

[PR]
by huutyann1 | 2015-11-24 18:58 | Comments(0)