ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

商品の詳細
『約束の海』(やくそくのうみ)は、山崎豊子の小説。同著者の最晩年の作品であり、2013年8月29日号から2014年1月16日号まで、『週刊新潮』にて連載された。全3部を予定していたが、第1部の第6回が掲載されたのち、2013年9月29日に山崎が死亡したため、未完の絶筆となった。

山崎は第1部・全20回分の原稿を書きあげており、連載は第1部最終回まで続行された。

単行本は2014年2月20日に新潮社から発売された。巻末には、原稿用紙6枚にのぼる構想メモを元に編集部が注釈を付けてまとめあげた、残り2部の粗筋が21ページにわたりあとがきとして掲載されている。

自衛隊の潜水艦くにしおの機内の交話は艦長室にすべて聞こえるようになっている。
イザというときは呼びに行かなくてもすでに艦長はすでに現場に現れている。
水中を伝播する音は空気中よりはるかに早く、遠くまで届く。このため光も電波も役に立たない水中では唯一の有効な捜索手段になる。

くにしおが訓練中浦賀水道航路を抜けてわずか3分後なんと、第一大和丸(遊漁船)に衝突した。

白い巨塔では医学、華麗なる一族では金融、二つの祖国では東京裁判を専門的に勉強して成果を上げている。
今回は潜水艦について勉強。

山崎豊子の逝去により未完に終わったが第一部潜水艦くにしおは完成していたが
山崎の病気でその後の取材は難行し従来のように自身で出向けなくなった。それで山崎さんのために編集担当の矢代新一郎が社内に
プロジェクトチームを立ち上げ、全面的な支援体制を作り山崎を励ました。

(約束の海は海上自衛隊潜水艦と遊漁船なだしおの衝突事故を題材にしている。)


[PR]
by huutyann1 | 2016-01-05 14:18 | Comments(0)