ブログトップ

読書日記h1

huutyann1.exblog.jp

本が好きなことの幸せ

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


  親の介護と裁判員制度の実施を追求した小説。
  
  ホームレスも人情あり、知識人あり、そうでない人もいて実に様々。
  公園の前の家をいつも見ていたホームレスがその家のおばあさんを殺害した。
  ということで裁判員裁判が始まる。
  
  法的知識を対して持たない裁判員が弁護士や検事に向かっていくことになる。
  
  強盗致死罪では無期または死刑。自殺関与および同意殺人では6っか月以下7年の懲役・禁固
  となる。同じ殺人であっても格段に罪の内容が違う。
  この場合は明らかに自殺関与であるが、ホームレス自身が強盗致死を主張する。
  その陰には認知症を含む高齢化社会の問題がある。

  裁判は被告の自白に基づき強盗致死となる。
  
  ホームレスには「気が変わったら控訴ができる」と伝えた。

[PR]
by huutyann1 | 2016-04-15 19:48 | Comments(0)

  サッカーの楽しさを簡単に言えば、一つのボールを全員が必死になって追いかけること。
  ゴールを奪うために、またゴールを奪われないために、全員ががむしゃらになってボールを追いかける。
  見ている人もおなじ気持ちになって心の中でボールを追いかける。
  そうやってスタジアムに一体感が生まれて、その一体感はテレビを通じてもっとたくさんの人に
  共有される。
  つまりみんなで喜んだり、悲しんだりするところ。

  引退したらやってみたいのはマグロの一本釣り。
  中途半端じゃなくて本格的なタツ。めちゃくちゃ大きな船で、半年くらい日本に帰ってこられない遠洋漁業。
  精子をかけて仕事をする現場。釣った分だけ収入になる。僧いう世界にあこがれている。

  
[PR]
by huutyann1 | 2016-04-03 06:01 | Comments(0)