人気ブログランキング |

8日目の蝉   角田光代

 希和子が交際していた男性には妻がいて、やがて子が生まれる。
希和子はその赤ちゃんを盗み出す、
行くところもなく宗教団体のようなホームに逃げ込む。
いつまでも逃亡生活が続けられるわけもなく、やがて服役することになる。
赤ちゃんは元の夫婦に返された。
それから20年近くたち赤ちゃんは成人する。

成人してからの者の味方、その後の生活などがつづられている。

蝉はふつう1週間くらいで死ぬ。
それで死ななくて8日目の世界を見た蝉は、ほかの者には見られなかったものを見られるわけである。
見たくないと思うかもしれないけれど
でもギュッと目を閉じていなくちゃいけないほど、ひどいものでもないと思う。

# by huutyann1 | 2019-04-23 17:14 | Comments(0)

さよならの力  伊集院 静

別離した人がいつまでも体の中に生きていてその人の生の力になっている。
さよならの力はきっとある。
作者は10代の弟を海難事故で亡くし27歳の妻を白血病で亡くしている。
若くして亡くなってもその短い寿命の中に必ずまぶしい時があったはず。
だから、たとえたった三日でなくなっても、その目で心で素晴らしい世界を見たはず。
だからたった三日で亡くなって可哀そうだと言う発想でではなく精いっぱい生きてくれたんだと
言うように考えたい。
そうしてあげないとその子の生きた尊厳も死の尊厳も失われてしまう。
苦しみ・苦しみを体験した人たちの体の中には別離した人が、いつまでも生きていて
その人の生きる力になっている。

# by huutyann1 | 2019-03-02 16:00 | Comments(0)

心をつなぐ生き方  野中ともよ

この本を読んで同調できるところも出来ないところもあると思った。
野中さんは自分の思うことをそのまま書いているので箇所によっては「?」と思うところがあるわけです。
その中で第3章の「一人時間の大切さを知る」は共感するところが多かった。
今の若者はオンラインでつながっているがそれが高じると相手にじかに接することがない。
聯絡はしょっちゅうとるが生の会話や感情のやり取りがない。・・・そのほうが楽だから。

まったく一人になってみる。
 みんなと一緒にいた時には気付かなかったことが見えてくる。
 退屈を楽しむ余裕。ボーとして何もしない無為の時間は人生の行動を広くしてくれる。
 空や海をじーっと眺めているだけで心がのびのび解放される。
 悠悠とゴロゴロしながら退屈の醍醐味を味わってみる。
一回きりの人生をものすごく貴重で敬虔な賜りものと考えること。
感謝しながら大切に生きることその効果としておのずと恐れることのないお座やかな死がやってくる。 

# by huutyann1 | 2019-02-24 19:42 | Comments(0)

ノボさん上・下

夏目金之助とは初めてであったのは図書館の談話室だった。
正直者という印象を受け、夏目のことを考え込んだ。なぜ会ったばかりの彼のことが気になるのか
分らなかった。ただ子規は幼少のころから学んできた漢籍の中で中国人の詩人たちとたった一夜の交流で
生涯の友と友となるのを学んでおり、そういうものにあこがれていた。
子規は此れが自分のとるべき行動だと思うと、一直線に進む性癖があり、漱石も同じだった。
以来お互いに大切な親友になる。
どちらも慶応3年生まれ。
子規は明治22年突然喀血、そのころは治療薬も無く安静と栄養に努めねばならなかったが
中々そのようにはいかなかった。
体が悪くなってからも好きな「ベースボール」は辞められず誘われると飛び出した。
母と妹を松山から呼んで面倒を診てもらうようになり生活面ではかなり安心。
漱石はイギリスへ旅立つ。子規も行きたかったがこの体ではどうしようもなかった。
以後、手紙のやり取りが続くが漱石は四季の死に目に会えなかった。


# by huutyann1 | 2019-01-14 15:11 | Comments(0)

どうして生まれてきたの  ハンナミュッセ 岡本浜江訳

二人目の子供が生まれる・・・・。
一人目はジュリアで可愛い女の子だった。
今度の妊娠中体調が悪く医師も「もしかして?」という。

産まれても会わせてもらえなかった。
まる一日たって対面した。
奇妙な顔で紫色だった。おでこがやけに狭く光っていた。
あごは肩幅ほどもあり膜をかぶったような目、片耳がつぶれている。
しかし一週間もすると紫色は消え、つぶれた耳は伸び顔も普通に近くなった。
先生がダウン症かもしれないと言ったが、根拠のないものらしくハッキリしない。
ルーシーと名付けた。
産まれたときは7.5ポンドだったが10日後6.25ポンドに減っていた。
ダウン症の子は病気に伝染しやすく早い時期に亡くなる場合もある。という。
それに期待した。
訪問客があっても理由をつけて合せなかった。
生後一か月になり乳児健診に連れていくよう保健婦に勧められた。
体重は6ポンド1オンス。
モリス先生は「心配いりませんもう少し様子を観ましょう。」
4か月を過ぎてようやく誕生当時の体重を上回った。
ルーシーをホームに預けることになる。
施設を見学して寮母にルーシーの日常を細かく説明した。
2歳になりルーシーは一時的に家に帰った。3歳で歩き丸々と可愛くなりにこにこしていた。

この本は施設を探すことに大半を費やしている。難しいらしい。
ダウン症という病気は染色体の異常による発育障害で大部分は21番目の染色体が三つになっている。
もうこ症ともいわれるのは目が吊り上がってモーコ人に似ているから。性格は楽天的だが精神薄弱で
いくつになっても一・二歳の知能しかない。

# by huutyann1 | 2018-10-14 17:34 | Comments(0)


本が好きなことの幸せ


by huutyann1

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

フォロー中のブログ

花木綿

最新のコメント

私は本が好きで時間があれ..
by huutyann1 at 11:08
初コメです。実は家族のこ..
by きょうこ at 04:45
mixiやGREEなんて..
by フェイスブック出会 at 11:37
昔、吉川栄治の親鸞を呼ん..
by huutyann1 at 20:31
まあ 自分はたまたまこう..
by mm1945mm at 07:53
初めてコメントさせてもら..
by mm1945mm at 07:44

メモ帳

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書

画像一覧